自動車の廃車の手続きを費用¥0で行う方法

廃車手続きについて
廃車手続きの方法
普通車以外の廃車手続き
どうやって廃車手続きをすればいいか
廃車にすると戻ってくる税金や保険の手続き
廃車にするまえにまずやるべきこととは
サブメニュー
お勧めリンク
■盗難された場合の廃車手続き

自動車を盗難された場合、まずは警察に盗難届けを出しますが、その後
廃車手続きを行なう必要があります。廃車手続きを行なわないでいると、
翌年度の自動車税を支払わなければいけなくなります。

 

盗難された場合には一時末梢登録の手続きを行ないます。一時末梢登録とは今は乗らないけどいずれまた乗るかもしれないなど、再度この車が登録されるかもしれない場合にこちらの手続きを行ないます。盗難などのやむを得ない理由がある場合はナンバープレートの返却は免除されます。

 

一時末梢登録の手続きが終わったら、翌年度からの自動車税が課税されないように、自動車税事務所で申請を行なっておきましょう。年度末まで一ヶ月以上期間がある場合は、自動車税の還付を受けることができます。

 

もし盗難された車が見つかった場合、陸運局で再登録することで再び公道を走ることができるようになります。再登録の際には一時末梢登録の手続きを行なった時に渡された一時末梢登録証明書が必要になります。

Copyrightc 2008 haisyatetuduki.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。